ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

アメリカ諸事情 ② 「ハワイ不動産事情について」について

約1ヶ月ぶりのブログ更新になります。

皆様お元気でしょうか。

また、明けましておめでとうございます。 

本年も良い商品をどんどん登録していきますので、よろしくお願いいたします。

実は、仕入れたままで登録できていない商品が50点以上たまり、焦っています。

 

さて、今回はアメリカ諸事情 ② として、「ハワイ不動産事情」について書いてみました。

 

20171129546.JPG201711295441.JPG201711295512.JPG201711295623.JPG201711295653.jpg201711295716.JPG

昨年末からのアメリカ仕入れの後、休養を兼ねてハワイに寄りました。

ここ10年来、年末年始をハワイで過ごしていますが、

ここ最近、急激にホテル・コンドミニアム事情が変化していることに驚きます。

今回は、「最近のハワイ不動産事情」について書いてみます。

 

1997年にピークを迎えた日本人のハワイ訪問者数はその後伸び悩み2001年の同時多発テロ以降低迷しました。

しかしここ数年ようやく上向きに転じてはいますが渡航先の多様化のため、

昔ほどの勢いはないようで、韓国人や中国人が増えているのが目立ちます。

ハワイの中心部もいろいろ様変わりし、

インターナショナルマーケットプレイスもすっかり新しくなり昔ながらの趣は無くなってしまいました。

ホテルや住宅事情も様変わりし、アラモアナ地区を中心に、コンドミニアムの購入者についても、

新しい物件の50%以上が中国人で、特に高層階の高級物件はほとんどが中国人によって購入されています。

 

昔からあるホテルなども統廃合を繰り返し、

ついには季節による観光客数の変化による収益の不安定を防ぐため、

タイムシェアやホテルコンドミニアム物件に様変わりするものも多く出てきました。

それぞれホテルの名前は付いていますが、内容はどの部屋にもオーナーがおり、

オーナーが使用していない時期をホテル側が借り受け高級ホテルとして一般に貸し出すというシステムなのです。

2009年11月にオープンしたトランプタワーがそうで、

トランプタワーに続きワイキキ地区で一番新しい物件、リッツカールトンも、

高級ホテルコンドミニアムとしてオープンしました。

現在建設中の2棟目も同様にホテルコンドミニアムとして販売される予定です

この流れを作ったのがホテル業界の老舗ヒルトンです。

昔ながらのホテルは残しつつ、今では敷地の60%以上をタイムシェア物件にし、

収益の安定化を図る方法をとっています。

しかしこれにより、日本人の多くが利用する年末年始の時期はオーナー自身が利用することが多く、

空室不足となり、ホテル代が高騰し始めています。

また、ヒルトンは新しいタイムシェア物件を建てる前に資金調達のため販売を始め、

部屋数は増えていないのに購入者に利用ポイントを配布しています。

そのためタイムシェアのオーナーであっても利用できないという不合理があり、

タイムシェアを売りに出す人も増えています。

このようなことが続けば、日本人のハワイ離れが起きるかもしれませんね。

今回は、ハワイについて書きました。

 

次回もお楽しみに~

アメリカ諸事情 ① 「amazon-go」について

今までは、「アメリカ仕入れ通信」 と 「商品 豆知識」 という形でお送りしていますが、

どちらにも入れにくいことも多くありますので、新しく、「アメリカ諸事情」 というタイトルのものもお送りしたいと思います。

今回は、「アメリカ諸事情」 の第1回目として 「amazon-go」 についてをお送りします。

 

皆さん、「amazon go」 ってご存じですか?

先日、yahooのニュースで、「amazonが参戦、コンビニ業界戦々恐々」という記事を見つけました。

調べてみると、「amazon go」という店舗が2017年初頭、

まずamzonの本社のある米国本土ワシントン州、シアトルにオープンするというものでした。

201612922344.jpg201612922417.jpg201612922440.jpg20161292250.jpg

何が従来のコンビニと違うのかというと、amazon goの店舗にはレジがなく、並ぶ必要も内のです。

Amazonアカウントを取得し、スマホに専用アプリをインストールするだけで良いのです。

amazon goの店舗に入るとき、入り口のケートにスマホをかざし、アカウントを読み取らせます。

後は店内で欲しいものを手に取り、店舗を出るだけです。レジは存在しないのです。

今までの小売りの概念を根底からくつがえすシステムで、

「No lines, checkout, register and seriously」 

がキャッチコピーだそうです。

ではどうやって精算しているのかと言えば、

商品に特別なタグがあるわけでなく、店内にあるセンサーとカメラで追跡しているそうです。

当初はコンビニでシステムの精度をあげ、そのうちオンラインだけでなく、

無人の実店舗でもamazonの商品が購入出来るようにするのが目標だそうです。

幸いにもシアトルは毎回の仕入れで必ず行くところなので、来年でき次第行ってみようと思います。
 

ここでシステムの様子が見れますよ

https://www.youtube.com/watch?v=NrmMk1Myrxc&mc_cid=341cef15a3&mc_eid=11196bd4fc

 

次回も、お楽しみに~

「商品 豆知識」 ⑥ 【 Vitamix 】 バイタミックスについて

今回の「商品 豆知識」は、私のshopでも取り扱っています

No,1ホールフードマシン、「Vitamix」バイタミックスを紹介します。

2016113019124.jpg20161130191219.jpg20161130191233.jpg

「Vitamix」バイタミックス社は、1921 年にアメリカでモダンなキッチン用品を提供する企業として設立され、

95年以上の歴史を誇るホールフードマシンメーカーです。

バイタミックス社の全ての製品はクリーブランドで製造されていて、過去20 年以上に渡り、

世界中の有名料理人たちや料理学校、またレストランにおいて、

最高のブレンダーであるという絶対的な信頼と支持を得ています。

ホールフードマシンの主な機能は、「混ぜる」「潰す」「刻む」「砕く」「加熱」「冷却」「挽く」「撹拌」の8種類。

たったの8種類?と思わないで下さい。それらの機能を組み合わせる事により、

ジュースやスムージーは勿論、ソースや冷たいアイスクリーム、

さらには温かいスープまで、無限にレシピは広がります。

そしてそれらの全ての料理は、とても栄養素の高い健康食品になります。

【栄養素をまるごと摂取できます】


〇バイタミックスブレンダーの特徴は、一般の国産ミキサーの約3~5倍のパワーにより、

 食物を丸ごと粉々にして、細胞内の栄養素までも引き出します。堅いアボガドの種すら瞬時に粉砕できます。

〇高性能モーターの毎分37000回転(2馬力)の脅威のパワーと特殊ステンレス4枚刃で、

 ハンマーのように食材を叩きつぶし、数十秒で食物細胞を破壊、今まで捨てていた野菜や果物の種や皮、

 穀物などもまるごとなめらかなジュースやスープにしてくれるので、

 野菜・果物・穀物が本来持つ栄養素、ビタミンやミネラル、食物繊維や抗酸化物質等の栄養素を丸ごと摂取できます。

〇ブルーベリーの種、パイナップルの芯、オレンジ・りんごの皮なども、

 丸ごと、なめらかなジュースにすることが可能で、そのパワーはアボガドの種まで砕くことができます。

 普段捨てている食物の皮や芯、種や根も丸ごと調理できるので、食物繊維をはじめ、ビタミン、ミネラルだけでなく、

 他の調理器具では抽出しにくいとされる抗酸化物質(ファイトケミカル)の摂取にも優れた効果を発揮します。

〇ファイトケミカルは糖質、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、脂質、食物繊維とは別の第七の栄養素といわれ、

 近年注目を浴びる機能性成分です。

 野菜・果物はもちろん、コーヒー豆、ナッツ類、大豆、小麦、米などの硬い穀物を、

 粉末やペースト状に調理することが出来ます。

【いま話題の酵素も摂取できます】

〇美容やエイジングケアの面で注目されているのが野菜や果物などに含まれる「酵素」です。

 酵素は46~48℃以上で加熱すると破壊されてしまうため、食材を加熱せずに調理・摂取する必要があります。

〇これは「リビングフード」「ローフード」と呼ばれ欧米のセレブやスーパーモデルの間で流行しています。

〇硬い氷も粉砕可能なバイタミックスは酵素をたっぷり含んだスムージー、アイスクリームやスープまで、

 ご自宅で楽しむことができます。

〇使用電力は最大値900W/hで、1回2分、1日3回使用と仮定して、約2円、目安として1カ月60円程度です。

 耐久性にも優れているので、長期間お使いいただくことが出来ます。また、

〇かくはん力に優れているため、火にかけることなく3~5分の運転により、

 摩擦熱で温かいスープを調理することが出来ます。

 また、かくはんコンテナ部分に使われている素材は、

 軽量で耐久性にも優れたイーストマンケミカル社の「トライタン」という新素材コポリエステルを使用しています。

 「トライタン」は従来のポリカーボネートに代り、BPAフリーの環境ホルモンに配慮した新素材で、

 妊婦の方や乳幼児への離乳食にも安心してご使用いただけます。

アメリカ仕入れ通信 ④ シカゴについて -Ⅲ

アメリカ仕入れ通信 ④-Ⅲ シカゴの博物館・スポーツ・音楽について

第3回目は、文化・スポーツ・音楽についてお伝えします。

20161117113538.jpg20161117113558.jpg20161117113642.jpg

① 【文化の街シカゴ 】 について

シカゴには、「シカゴ美術館」「フィールド自然史博物館」「シカゴ化学産業博物館」など、

全米でも有名な博物館が存在し、世界的に有名な展示物を見る為に1年を通して世界中からファンが訪れます。

どの博物館も素晴らしいのですが、私のお勧めは、ハイド・パーク地区にある「シカゴ化学産業博物館」です。

第2次世界大戦時のドイツUボートや世界初のステンレス製流線型ディーゼル高速列車パイオニア・ゼファー、

アポロ8号の宇宙船、ボーイング727など多くの本物が展示されています。

しかし、お勧めは他の博物館では絶対に見ることの出来ないものがここにはあります。

それは、本物の人体を1cmずつに輪切りにした標本です。

男女それぞれ1体ずつあり、男性が横切り、女性が縦切りにされアクリル保存されています。

博物館の係員にどんな人物なのか尋ねると、2体とも行き倒れで身元が分からない人だと言うことでした。

多くの方がこの人体標本を「気持ち悪いもの」として書いておられますが、私は少し違います。

私が初めてここを訪れたときは平日で、一般の入場者の中に近くの小学生達がいました。

何をしているのかと見ていると、人体標本の前にすわりこみ、用意されていた紙に、

標本を見ながら内蔵の色を塗ったり、分かったことや気づき・質問事項などを書いていました。

引率していた先生に話を聞くと、アメリカの学校では当たり前の風景だそうで、

「本物を見て学ぶ」というポリシーだとのことでした。

確かに私たちも小学校の理科で人体を勉強しますが、教科書に載っている絵で勉強するだけで、

本当の内臓の色かどうか分かりませんでした。

しかし、本物で学べば一目瞭然、疑いようもありません。

アメリカの学校ではできるだけ本物に触れさせるということを聞き、学び方の違いに驚かされました。

シカゴを訪れる機会があれば、是非訪ねてみてはいかがでしょうか。

 

② 【スポーツの街シカゴ】 について

シカゴはニューヨークに次いでスポーツ観戦に恵まれている街です。

アメリカ4大プロスポーツの全て、野球、アメリカンフットボール、バスケットボール、

ホッケーのチームが揃っています。

20161117114245.jpg2016111711430.jpg20161117114425.jpg20161117114447.jpg2016111711458.jpg

メジャーリーグベースボールにおいては、「カブス」と「ホワイトソックス」、

アメリカンフットボールにおいては「ベアーズ」、バスケットボールにおいては「ブルズ」、

ホッケーにおいては「ブラックホークス」があり、

その他にも各種マイナーリーグや大学スポーツの様々なゲームを一年中楽しむことが出来ます。

プロスポーツでは、春から秋にかけてが野球とサッカー、秋から冬にかけてがアメリカンフットボール、

冬から初夏にかけてがバスケットボールとアイスホッケーを観戦することが出来ます。

週末・祝日のカブズ戦や、NFLのチケットなど手に入りにくいものもありますが、

大抵のチケットは「Ticket Master」などのサイトや、チームのウェブサイト、

試合会場の窓口などで簡単に購入できます。

また、シカゴのスポーツファンの熱狂的な盛り上がり方も有名で、

スポーツバーなどに行くときは地元チームの帽子などをかぶっていくと地元のアメリカ人と仲良くなる事もできます。

シカゴに行かれたときは、是非スポーツ観戦で地元の人と盛り上がって見てください。最高の思い出になりますよ。

 

③ 【音楽の街 シカゴ 】 について

アメリカには音楽を文化の基盤とした有名な街がいくつか見られます。

ジャズのニューオリンズ、ブルースのメンフィス、カントリーのナッシュビルなどがそうですが、

シカゴはその中でも有数の音楽を文化の基盤とした街です。

2016111712257.jpg20161117122520.jpg20161117122536.jpg

 

ブルースはいまやシカゴが、「Capital of Blues」として世界中のブルースマンの聖地ですし、

ジャズはシカゴ派と呼ばれる独自のスタイルでその存在感を示しています。

小さなバーで楽しむだけでなく、夏には、ミシガン湖の公園で、「シカゴ・ブルースフェスティバル」、

「シカゴ・ジャズフェスティバル」がそれぞれ開催されます。

全米中からファンが集い、著名人や地元のミュージシャンまで多様な出演者で賑わい、

期間中は終日ブルースやジャズをフリーで楽しむことが出来ます。

今回は、シカゴ内の有名な臣店を紹介します。

あまり広くないスペースのところが多く、とても身近で聴くことが出来るだけでなく、

チャージ料も安いため、出演者を調べ一晩で3つのお店を回ることもよくあります。

以下に有名どころを紹介します。

( Jazz Showcase )

シカゴジャズ界重鎮の Joe Segal の老舗クラブで、クラブの歴史・演奏アーチストの質の高さなど、

シカゴを代表するジャズクラブです。

壁面には過去に演奏したジャズ・ジャイアンツ (Charlie Parker, John Coltrane, Miles Davis など) の

写真・ポスター・サインが所狭しと飾られ、

ジャズの歴史を体感することができます。

( Blue Chicago on Clark

上記 Showcase の Clark Street を挟んで斜め向かいにあり、隣接してブルースグッズを扱う系列店もあります。

また Clark Street を数ブロック北上したところに本店があり、

一度カバーを払えばどちらの店にも出入りできます。(ブルースバーのハシゴができます)

( Andy's Jazz Club )

昼間 (Jazz at Noon) から本格ジャズを楽しめるクラブです。

しかも 2:30pm まではノーカバーです。夜には本格的な料理と共に、

Chuck Hedges, Art Hoyle, Franz Jackson, Von Freeman らによるシカゴのローカルジャズを聴くことができます。

House of Blues Chicago )

全米チェーンの HOB の中でも最大規模となるのがこのシカゴ店です。

ブルースのみならずあらゆるジャンルの音楽が連日演奏されています。

また、日曜日の「ゴスペル・ブランチ」では、ブランチを食べながらパワー溢れるゴスペルを楽しむことができ、

こちらも大人気です。

ぜひ前売りチケットを買っておくことをおすすめします。

 

シカゴ編を3回に分けてお届けしました。 いかがでしたか?

 

次回もお楽しみに~

 

アメリカ仕入れ通信 ④ シカゴについて -Ⅱ

アメリカ仕入れ通信 ④  シカゴについて の第2回目をお届けします。

第2回目として今回は食・観光裏話についてお伝えします。

20161111175755.jpg

【 食 】

食についてアメリカで驚かされるのは、朝のモーニングメニューからステーキがあることです。

私はいつも朝食はホテルで取らず、できるだけ地元の人たちが利用する店を探すようにしています。

20年以上前、初めてシカゴを訪れた時いつものように朝食の店を探していました。

街角でMorning Menu と書いてある看板を見つけ、その店に入りました。

店内でメニューを開くと、お勧めメニュートしてステーキがあり、なんと値段が$4.99。 

とても驚いたことを覚えています。 さすがアメリカ・・・

現在シカゴで有名な物と言えば、シカゴピザ・ギャレットのポップコーン・シカゴアイスクリームでしょうか。

20161111175943.jpg2016111118113.JPG

①シカゴと言えばシカゴピザ

シカゴと言えばシカゴピザザが有名です。1943年にPizzeria Unoというお店で作られたのが始まりだとか。

普通のピザとはずいぶん違うこのピザは、とにかく分厚いのが特徴です。

これは「ディープ・ディッシュ・ピザ(Deep Dish Pizza)」、通称「シカゴピザ」と呼ばれるもので、正式には、厚さ3.1センチ以上のものを「シカゴピザ」とよんでいるそうです。

厚い生地の中にたっぷりのチーズと具材が入った濃厚なピザです。アメリカでもシカゴ周辺でしか食べることのできないピザです。

2016111118258.jpg2016111118319.jpg

代表的なお店は、シカゴピザ発祥と言われる「Pizzeria Uno」、このほかにも「Gino’s Pizzeria」などが有名です。

いつも多くの人がいるため予約しておかないと2時間待ちということもざらにあります。

 「シカゴピザ」を食べにシカゴに行きましょう!

2016111118434.jpg2016111118456.jpg

②シカゴ発、ちょっと贅沢、グルメなポップコーン

ギャレット ポップコーン ショップスは、「シカゴ発、ちょっと贅沢、グルメなポップコーン」をキャッチフレーズにアメリカ・シカゴに創業65年を迎えます。

半世紀以上にわたりいつも途絶えることなく店舗前に多くの人が並び、行列を見つけるだけでショップの場所が分かります。

一番人気は「シカゴミックス」。

できたてのポップコーンに、しっかり熟成させた濃厚チェダーチーズをたっぷり溶かしたソースと絡めた「チーズコーン」と銅製の釜で原料からとろとろに煮詰めたキャラメルをコーティングした「キャラメルクリスプ」。

この2種類の品種をミックスし、ふんわりサクサクとした軽い食感と深い味わいに仕上げたのが自慢の「シカゴミックス」です。

飛行機の中でギャレットの袋を持った人を見かけることも多くむ、人気の度合いがうかがえます。

20161111185719.jpg20161111185740.jpg2016111118585.jpg

③おいしいアイスクリームショップがいっぱい

シカゴの町中でよく見かけるのがいろいろなアイスクリームショップです。

その中でも有名なのが、「Ghirardelli Ice Cream & Chocolate Shop」、「Jeni's Splendid Ice Creams」、「Oberweis dairy」でしょうか

いずれもシカゴ発祥のお店ではないのですが、シカゴに来ると、ついつい寄ってしまうお店です。

「Ghirardelli Ice Cream & Chocolate Shop」はチョコレートが有名なお店ですが、そのチョコを使ったアイスはお勧めです。

でもやっぱアメリカのアイスは日本の物に比べ大きくて甘く、これだけで結構おなかいっぱいになりますので食べ過ぎには要注意です。

2016111119715.jpg

 

【シカゴ観光裏話】

バッキンガム噴水があることで有名なグラントパーク。

その公園前にあるサウスミシガンアベニューを渡ったところにコングレスプラザという1893年創業の歴史あるホテルがあります。

2016111119856.JPG2016111119923.jpg

多くの人が待ち合わせなどのランドマークとしても使う有名なホテルで、創業以来、アメリカ大統領を始め、多くの著名人、政界人が利用している格式あるホテです。

ホテルの中にはいるとかずかずの彫刻が飾られ、格式の高さがうかがえます。

ロビーもいくつかあり、そこに置かれているソファーやシャンデリアも歴史を感じさせてくれます。

と、ここまでは良いのですが、このホテルが有名なのにはもう一つの訳があります。

それは幽霊の出るホテルとして全米でも有名な建物なのです。

ホテルの人に聞くと、「出るみたいですね。それは歴史があると言うことでしょう?」とあっさり言われてしまいました。

幽霊に興味がある方は試してみてはいかがですか。

 

今回はここまでです。

 

次回をお楽しみに~

アメリカ仕入れ通信 ④ シカゴについて -Ⅰ

201611518042.jpg2016115181250.JPG

今回は私が仕入れでよく訪れるシカゴという都市について書いてみます。

お伝えしたいことがたくさんあるので、3回に分けてお伝えします。

 

第1回目はシカゴの気候・観光名所、第2回目は食事・観光裏話、第3回目は博物館・スポーツ・ブルースについてお伝えします。

 

20161151827.jpg

【気 候】

”Windy City”と呼ばれるシカゴは米国の中北東部イリノイ(IL)州にあり、ニューヨーク(NY)・ロスアンゼルス(LA)につぐ全米第3位の都市です。

アメリカのタイムゾーンで区別すると中部標準時間帯に属し、ニューヨークとは1時間、ロサンゼルスとは2時間の時差があります。

現在では”Windy City”を「風の強い町」として言われることが多いのですが、本当は19世紀の政治家達による「シカゴの自慢」に語源が亜売るようです。

緯度的には北海道と近い緯度であり、気温の年較差が大きい大陸性気候です。夏季は温暖な南西風の影響でかなりの暑さとなる一方、

冬季の降雪は多くないのですがとても寒く、-10℃以下になることもあります。

 

【観光名所】

20161151840.jpg201611518422.jpg

①   ビーン

シカゴの観光としてまず代表されるのがミレニアムパークにある「クラウド・ケート」です。

インド出身の彫刻家によるオブジェで、「ビーン」という愛称で親しまれています。

全体がステンレス製の大きい鏡のようで、多くの観光客がビーンに写る自分を写真に収めています。

201611518525.jpg2016115181325.jpg201611518144.jpg

②   ウィリスタワー

地上110階、442m全米第2位の高さを誇るのが「ウィリスタワー」です。

ミシガン湖に隣接し、運が良ければ飛行船を下に見ることが出来ます。

高いだけなら日本にもありますが、ここの特徴は地上103階、412mに位置する展望台、「Sky Deck LEDGE」です。

2009年に床を含めて全面ガラス張りの展望台「ザ・レッジ」として設置されました。ザ・レッジはビルから張り出すように作られており、足元にはシカゴの街並みが広がります。

特に夜景が人気で、週末には長蛇の列ができ、1時間待ちということも珍しくありません。

ザ・レッジのバルコニーの前に立つと、やはり一歩踏み出すのに躊躇してしまいます。怖くてバルコニーに立つのを断念する人もいるほどです。

ザ・エッジからの写真撮影はこの観光スポットで必至です。みんな思い思いに足元の写真をカメラに収めています。

2016115185128.jpg201611518522.jpg2016115185218.jpg

③   ユニオンステーション

「アンタッチャブル」で一番有名なラストの銃撃戦シーンに使われたのがユニオンステーションの西側建物の階段です。

西の建物の役割は長距離列車を利用する客のための待合室で、どっしりとした木のベンチも置かれていて、吹き抜けの高い天井やクラシカルな石の柱が印象的ですが、今は利用する人も少なく、ホールは閑散としています。

「アンタッチャブル」で有名になった階段をよく見ると、一世紀近い間に通りすぎた乗客の靴で、石のステップが磨り減っているのがわかります。

2016115185328.jpg

④   ユニオンステーション近くの元郵便局ビル

映画バットマン「ダークナイト」でバットマンが守っている街ゴッサム・シティはシカゴそのものです。

冒頭の無銀行強盗シーンで使われたのがユニオンステーション近くの元郵便局ビルです。

今は使われていないこのビルは200m×100mもの敷地に立ち、ビルのど真ん中を大きな道路が横切っています。

アメリカならではの規模の大きな建物で一見の価値があります。

近くにあるヴァンビューレンスstとフランクリンstの交差点はジョーカーが強盗に行くときに車を待っていた場所です。

2016115185451.jpg

⑤   アル・カポネ 聖バレンタインデー虐殺の跡地 (2122 North Clark St.)

アル・カポネが宿敵ジョージ・"バッグズ"・モラン一家を虐殺したと言われるSMC運送会社(SMC Cartage Company)があった場所です。

1929年2月14日木曜日、バレンタインの朝に起きたギャングの抗争事件なのですが、首謀者はアル・カポネ、ターゲットはジョージ・"バッグズ"・モランです。

カポネの宿敵である"バッグズ"モランとモラン一家は、デトロイトの密造酒業者が強奪したウィスキーの取引を、この場所ですることになっていました。

そこへ偽警官に扮したカポネのヒットマンたちが送り込まれました。殺されたのはモラン一家6名と、親しくしていたメガネ屋さん。

7人は倉庫の白壁の前に立たされ、サブマシンガンやショットガンなど90発の弾丸を受けて亡くなりました。

カポネのヒットマンたちが警官に扮装していたことで、全米のマスコミの注目を浴びることになり、それまで意外と大衆の人気者だったカポネは一挙人気を失う原因となりました。

 

是非シカゴに行かれたときは訪れてみてください。

 

次回をお楽しみに~

 

「商品 豆知識」 ⑤ 【 COACH 】 コーチについて

20161027223317.jpg 20161027223346.jpg

今回は私のショップでも多くの製品を取り扱っている【 COACH 】について書いてみます。

 

コーチとは、1941年ニューヨーク・マンハッタンで創業されたアメリカの高級皮革製品メーカーで、社名の頭文字であるCのモノグラム柄が入ったハンドバッグや財布などを代表的な商品とする総合ファッション企業です。

 

社名の「コーチ」とは「乗り物」を意味しており、馬車の代名詞であったハンガリーのコチ「Kocs」という都市名が由来しています。そのため現在でもコーチのタグには馬車の図柄が入っています。同じく馬車の図柄をロゴとしているエルメスとよく似たものになっています。

 

創業当初は野球のグローブに使われる革を使ったカバンなどをアメリカ国内で生産する比較的小規模の企業で、高齢の男性、いわゆる「紳士」をメインターゲットにしていました。

 

1985年に米国有名企業に買収され、2000年に株式公開をして上場し、買収後はバッグや財布などの皮革製品メーカーから、総合ファッション企業への発展へと急速に路線変更を行いました。

 

世代を越えて知的でハイセンスな女性に愛され続ける実力派ブランドとしての地位を確立しました。現在では高級ブランドを取り扱う企業として、売上上昇率・利益率などが高く、企業評価もとても高くなりました。

 

高級品を出す一方でアウトレット店も積極的に経営し、若者にも手に入れやすい商品も販売しており、「全ての層を相手に商売をできる企業」という評価も得ています。

 

日本との繋がりとしては、トヨタ自動車のレクサスシリーズの一部車種にコラボ製品としてコーチの皮革を内装に利用した乗用車を限定販売したこともあります。

 

コーチの商品としては、品番の頭に「F」が付いているものがあります。

 

これがいわゆるコーチ公認のファクトリー店舗で販売されている新品・正規品の事で、私のショップの商品もほとんどがアメリカのファクトリー店舗で直接買い付けた商品です。

 

日本で言われるところの「キズもの」のB級とは異なり、モデルが変わったり、ワンシーズン前の中心商品などで、オフィシャルショップではもう手に入らないレアな商品ほとんどです。

 

もちろん正規品なので、コーチ店舗での保証もきちんと受けられ、お得な商品として安心して購入していただけます。

 

 

次回もお楽しみに~

アメリカ仕入れ通信 ③

2016101822358.jpg

 

今回はアメリカの交通取締について書いてみます。

 

広いアメリカ国内、歩道が全くない場所もあるくらい車は生活必需品です。カーブの少ないフリーウェイを好みの車を借りて走ることは旅の楽しみの1つです。

 

しかし、「もし、捕まったら・・・」 考えたくないことですね。そうならないために・・

 

まず、高速道路での取り締まり方法の違いについて知っておく必要があります。

一言でアメリカの高速道路といっても最高速度は場所によって違います。

都市周辺は70マイル(112km)、都市部から離れると65マイル(105km)のところが一般的です。

70マイルの所であれば75マイル程度、65マイルのところであれば69マイルくらいで走ればまず大丈夫です。しかし都市部周辺では90マイル以上で走っている車もあり、ついつられて・・・ということにならないように注意が必要です。

アメリカの場合は場所によってはポリスがスピードガンをもってはかっている場所もあり驚かされます。

 

次に日本との大きな違いは、日本であれば何台かが同じスピードで違反して走っている場合、先頭を走る車を取り締まります。もしあなたがスピード違反の2番目、または3番目を

走っていた場合、運が良ければ先頭車両だけが捕まり、あなたは捕まらないこともあります。

アメリカはこれと逆で、何台かのスピード違反の車両が走っている場合、1番後ろの車両を捕まえます。ですから高速で急ぐ場合は、最後尾を走らないようにし、最後尾になった場合は速度を守って走ることが大切です。

とは言われても常にメーターを気にして走ることは難しく、ましてマイル表示だと一瞬分からなくなってしまいます。

 

そこで重宝するのがアメリカのカーナビです。

私が使用しているナビは「ガーミン」というメーカーです。日本のナビになれている人にとっては地図表示もシンプルな物が多いため、物足り無く思うかもしれませんが、

1番のお勧めは、ナビ画面に走っている速度が表示され、スピードを超過するとスピードを増すごとに表示がだんだん黄色から赤に変わります。

ですから表示の色を見るだけで速度超過が分かります。完璧とはいきませんが途中道路工事などの速度規制も表示されるためとても重宝しています。

 

しかし、ちょっとの間でも車を停める場合は、ナビは外から見えない場所に隠してください。 見えていると最悪の場合窓を割られて盗られます。

また、車を停めた後ものを隠すのは危険です。 アメリカの場合、駐車場が広いところが多く、ずっと双眼鏡で来る車を観察している強盗もいます。

日本人はよく車を停めてからダッシュボードやトランクに大切な物を隠しますが、隠し場所はずっと見られていると思った方が良いです。

最近、日本でも外国人窃盗団が同じ方法で貴方の荷物を狙っています。

 

さて、日本でも警察に止められることは嫌ですが、それが外国、ましてやアメリカでは避けたいものです。

当たり前のことですが、もしパトカーに止められたら、全て英語で答えなければなりません。

質問に対して英語で答えられなければ、最悪の場合警察署へ連れて行かれ、日本語を話せる人が到着するのを待たなくてはなりません。

大都市周辺なら、警察無線で警官の中で日本語を話せる人を探してくれたり、日本語を話せる一般人を手配してくれると思いますが、田舎の場合、日本語を話せる人がその日のうちに来てくれる保証はありません。

できれば、アメリカ国内に英語・日本語両方を話せる人の連絡先を持っていること安心につながります。

 

また、もし止められた場合は、ポリスまたはシェリフが来るまでは車の中でハンドルの上に手を置き、決して動かないことです。

免許証を出す場合にもむやみに動かず、鞄を取ってもいいか、胸のポケットに手を入れて良いかをポリスに確認してからゆっくりと動くことです。このあたりのことは皆さんすでにご存じのことと思います。

 

最後に大まかにアメリカの警察組織の仕組みをお知らせします。

アメリカの警察組織は各州ごとにゆだねられ、まずステイト(州)を頂点に、次にカウンティ(群)、次にシティ(市)、次にタウン(自治体)と細分化され、これ以外にハイウェイパトロール(高速道路管轄)があります。

警官の呼び名も、「ポリス」「シェリフ」「ハイウェイパトロール」と分かれていて日本人にはとても分かりにくいものになっています。

実際は、「ポリス」にも「State Police」州警察と「City Police」市警察があり、「シッェリフ」にも「County Sheriff」郡警察と「Town Sheriff」地域の小規模警察や自治体警察があり、これらとは別に「Highway Patrol」ハイウェイパトロールがあります。

 

何はともあれ捕まらないことが1番です。

 

もし、アメリカに行ってレンタカーなどを運転される予定があり、アメリカのナビが必要な方はご連絡ください。

 

 

次回をお楽しみに~

 

「商品 豆知識」 ④ 「アバクロンビー&フィッチ」について

2016105223345.jpg

今回は、Abercrombie & Fitch を紹介します。

日本でも少し前まではAbercrombie & Fitch はアメリカンカジュアルを代表するファッションブランドとして大変有名でした。しかしアーネスト・ヘミングウェイと関係があるブランドだということはあまり知られていません。

Abercrombieは、1882年にニューヨーク州でスポーツショップとして創業しました。創業当初は、創業者であるデイビット・T・アバクロンビーが高品質なキャンプ用品や狩猟関連用品を商品として提供していたブランドで、

1900年に顧客だったエズラ・フィッチが経営に参加し、1904年から「アバクロンビー&フィッチ」として新たな展開が始まりました。。

元々は男性向きの無骨な商品がメインであり、冒険好きで知られたアメリカ人作家、アーネスト・ヘミングウェイもよくここで洋服や釣り道具を購入していたそうです。そのヘミングウェイが、「あそこはマッチョが行く所だ」と、作家仲間に薦めるほどだったそうです。

ヘミングウェイの言葉通り、当時は客の85パーセントが男性で、残りも男性客についてきた女性客であり、女性が自主的に買い物に訪れる店舗ではありませんでした。

しかし、1988年にリミテッド(現Lブランズ)により買収され、1992年にマイケル・ジェフリーズをCEOに迎えてからは方針を一変させ、20代前半をターゲットにしたヴィンテージ風カジュアルブランドに大変身しました。

その後はカジュアルながらも、健康的なセクシーさがあり、体にフィットするデザインが人気となっていきました。このカジュアルファッションブランドへと変わったのが1992年であり、

創業が1892年でもあるので、アバクロンビー&フィッチ(KIDS)の服には「92」というロゴが多く入っています。

俳優や歌手などの有名人が愛用することでも有名になり、ブランドのロゴマークであるムース(ヘラジカ)をあちこちで見かけるようになりました。

2009年までは商品価格の値引きはしない方針を採ってきましたが、2009年12月に他の競合ブランドの出現もあり、異例の値下げを断行しました。

しかしそれにも関わらず、アメリカ本土での既存店売上高は前年同月比で減少しました。不況下にあって競合ブランドのアメリカン・イーグル、エアロポステルなどは売り上げを伸ばしており、米国内においてはブランドの崩壊も噂されました。

どこの店舗でも店内には非常にきつい香水がふりまかれ、店舗の周囲数十メートル範囲まで匂うほどでした。

また、全盛期には半裸でマッチョな男性店員が客を出迎えるという独特なサービス行われたり、白人系アメリカ人の従業員を優先して雇用するなどしたため人種差別の疑いで集団告訴されるなどし、一時の勢いは薄れてきました。

時代の流れも一時はステータスとして扱われた大きめのロゴマークを嫌う風潮になり、ラルフローレンなども含めロゴマークを小さいものに戻すようになりました。

数年前には、「アメリカから消えていくブランド10」にも挙げられ、アメリカ国内の店舗もかなり閉鎖されました。しかし、手に入れにくくなってくると希少性も生まれ、古くからのファンも買い求め続けており、また力を盛り返しはじめています。

私のショップでも、これからもいろいろな希少な商品を販売していきたいと考えています。

 

次回もお楽しみに~

「商品 豆知識」 ③ アロハシャツ 有名メーカーの紹介

2016928194317.jpg

今日はアロハシャツの有名ブランド、【 Reyn Spooner 】レインスプーナーについて書いてみます。

1949年創業、「太平洋のブルックス・ブラザーズ」といわれたレインズ社と、1956年創業のサーフ

トランクスで有名なスプーナー社が1962年に合併し、

レインスプーナー(reyn spooner)というブランドが生まれました。

当時のサーファーたちが着る色あせたシャツにヒントを得て、印刷した生地の裏地を表に使うことで

柔らかい雰囲気、着古したような独特の質感のシャツを発表しました。

今では世界中に愛用者がいて、特にサーファー系、スケーター系、ストリート系などの若者にも大変

人気があります。

1966年頃は開襟シャツが主流の派手なアロハシャツでしたが、プリント生地を裏返しに使い、

かぶって着るボタンダウンのプルオーバータイプの、革命的なアロハシャツを発表し

有名になりました。

レインスプーナーの生地は、「スプーナークロス」といって、商標登録されています。

リバースプリント(裏地使い)向けに独自で開発したこの生地は、綿とポリエステル混紡の生地で、

とても丈夫で長持ちし、シワになりにくいため、お手入れが簡単です。

通常は、綿60%、ポリエステル40%ですが、少し古いシャツでは綿55%、ポリエステル45%、

さらに年代の古いものでは、綿50%、ポリエステル50%ずつの混紡も存在します。

一度着ると何ともいえない良さがわかります。 

ブランド物ですので、着てて何ともいえない、優越感を味わえます。

新品より古着の方が着心地はいいようですが、新品のシャツでもジーンズと同じように、

何回も洗濯をすることで、しなやかになります。 

とにかく、着れば着るほど味がでる素敵なシャツです。

古典とは違うスタンダードを発表し続けるブランドですが、

古いシャツはだんだんと手に入りにくくなり、希少価値が高くなっています。

ハワイでは、毎年春のイースターから一週間開催されるフラのお祭り、

メリー・モナーク・フェスティバルが有名ですが、

このフェスティバルの50周年を記念して作られた2013年の50周年記念限定シャツは、

フェスティバルの様子が全体に描かれていて、とても人気がある柄の1つで、

今では入手困難なレアな1着です。

近々、私のショップショップでも数量限定での販売予定です。

是非一度ためしてしてみてください。

 

次回をお楽しみに~