ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ>アメリカ仕入れ通信 ③
スタッフブログ

アメリカ仕入れ通信 ③

2016101822358.jpg

 

今回はアメリカの交通取締について書いてみます。

 

広いアメリカ国内、歩道が全くない場所もあるくらい車は生活必需品です。カーブの少ないフリーウェイを好みの車を借りて走ることは旅の楽しみの1つです。

 

しかし、「もし、捕まったら・・・」 考えたくないことですね。そうならないために・・

 

まず、高速道路での取り締まり方法の違いについて知っておく必要があります。

一言でアメリカの高速道路といっても最高速度は場所によって違います。

都市周辺は70マイル(112km)、都市部から離れると65マイル(105km)のところが一般的です。

70マイルの所であれば75マイル程度、65マイルのところであれば69マイルくらいで走ればまず大丈夫です。しかし都市部周辺では90マイル以上で走っている車もあり、ついつられて・・・ということにならないように注意が必要です。

アメリカの場合は場所によってはポリスがスピードガンをもってはかっている場所もあり驚かされます。

 

次に日本との大きな違いは、日本であれば何台かが同じスピードで違反して走っている場合、先頭を走る車を取り締まります。もしあなたがスピード違反の2番目、または3番目を

走っていた場合、運が良ければ先頭車両だけが捕まり、あなたは捕まらないこともあります。

アメリカはこれと逆で、何台かのスピード違反の車両が走っている場合、1番後ろの車両を捕まえます。ですから高速で急ぐ場合は、最後尾を走らないようにし、最後尾になった場合は速度を守って走ることが大切です。

とは言われても常にメーターを気にして走ることは難しく、ましてマイル表示だと一瞬分からなくなってしまいます。

 

そこで重宝するのがアメリカのカーナビです。

私が使用しているナビは「ガーミン」というメーカーです。日本のナビになれている人にとっては地図表示もシンプルな物が多いため、物足り無く思うかもしれませんが、

1番のお勧めは、ナビ画面に走っている速度が表示され、スピードを超過するとスピードを増すごとに表示がだんだん黄色から赤に変わります。

ですから表示の色を見るだけで速度超過が分かります。完璧とはいきませんが途中道路工事などの速度規制も表示されるためとても重宝しています。

 

しかし、ちょっとの間でも車を停める場合は、ナビは外から見えない場所に隠してください。 見えていると最悪の場合窓を割られて盗られます。

また、車を停めた後ものを隠すのは危険です。 アメリカの場合、駐車場が広いところが多く、ずっと双眼鏡で来る車を観察している強盗もいます。

日本人はよく車を停めてからダッシュボードやトランクに大切な物を隠しますが、隠し場所はずっと見られていると思った方が良いです。

最近、日本でも外国人窃盗団が同じ方法で貴方の荷物を狙っています。

 

さて、日本でも警察に止められることは嫌ですが、それが外国、ましてやアメリカでは避けたいものです。

当たり前のことですが、もしパトカーに止められたら、全て英語で答えなければなりません。

質問に対して英語で答えられなければ、最悪の場合警察署へ連れて行かれ、日本語を話せる人が到着するのを待たなくてはなりません。

大都市周辺なら、警察無線で警官の中で日本語を話せる人を探してくれたり、日本語を話せる一般人を手配してくれると思いますが、田舎の場合、日本語を話せる人がその日のうちに来てくれる保証はありません。

できれば、アメリカ国内に英語・日本語両方を話せる人の連絡先を持っていること安心につながります。

 

また、もし止められた場合は、ポリスまたはシェリフが来るまでは車の中でハンドルの上に手を置き、決して動かないことです。

免許証を出す場合にもむやみに動かず、鞄を取ってもいいか、胸のポケットに手を入れて良いかをポリスに確認してからゆっくりと動くことです。このあたりのことは皆さんすでにご存じのことと思います。

 

最後に大まかにアメリカの警察組織の仕組みをお知らせします。

アメリカの警察組織は各州ごとにゆだねられ、まずステイト(州)を頂点に、次にカウンティ(群)、次にシティ(市)、次にタウン(自治体)と細分化され、これ以外にハイウェイパトロール(高速道路管轄)があります。

警官の呼び名も、「ポリス」「シェリフ」「ハイウェイパトロール」と分かれていて日本人にはとても分かりにくいものになっています。

実際は、「ポリス」にも「State Police」州警察と「City Police」市警察があり、「シッェリフ」にも「County Sheriff」郡警察と「Town Sheriff」地域の小規模警察や自治体警察があり、これらとは別に「Highway Patrol」ハイウェイパトロールがあります。

 

何はともあれ捕まらないことが1番です。

 

もし、アメリカに行ってレンタカーなどを運転される予定があり、アメリカのナビが必要な方はご連絡ください。

 

 

次回をお楽しみに~

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.worldtrader.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/27