ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ>アメリカ仕入れ通信 ④ シカゴについて -Ⅰ
スタッフブログ

アメリカ仕入れ通信 ④ シカゴについて -Ⅰ

201611518042.jpg2016115181250.JPG

今回は私が仕入れでよく訪れるシカゴという都市について書いてみます。

お伝えしたいことがたくさんあるので、3回に分けてお伝えします。

 

第1回目はシカゴの気候・観光名所、第2回目は食事・観光裏話、第3回目は博物館・スポーツ・ブルースについてお伝えします。

 

20161151827.jpg

【気 候】

”Windy City”と呼ばれるシカゴは米国の中北東部イリノイ(IL)州にあり、ニューヨーク(NY)・ロスアンゼルス(LA)につぐ全米第3位の都市です。

アメリカのタイムゾーンで区別すると中部標準時間帯に属し、ニューヨークとは1時間、ロサンゼルスとは2時間の時差があります。

現在では”Windy City”を「風の強い町」として言われることが多いのですが、本当は19世紀の政治家達による「シカゴの自慢」に語源が亜売るようです。

緯度的には北海道と近い緯度であり、気温の年較差が大きい大陸性気候です。夏季は温暖な南西風の影響でかなりの暑さとなる一方、

冬季の降雪は多くないのですがとても寒く、-10℃以下になることもあります。

 

【観光名所】

20161151840.jpg201611518422.jpg

①   ビーン

シカゴの観光としてまず代表されるのがミレニアムパークにある「クラウド・ケート」です。

インド出身の彫刻家によるオブジェで、「ビーン」という愛称で親しまれています。

全体がステンレス製の大きい鏡のようで、多くの観光客がビーンに写る自分を写真に収めています。

201611518525.jpg2016115181325.jpg201611518144.jpg

②   ウィリスタワー

地上110階、442m全米第2位の高さを誇るのが「ウィリスタワー」です。

ミシガン湖に隣接し、運が良ければ飛行船を下に見ることが出来ます。

高いだけなら日本にもありますが、ここの特徴は地上103階、412mに位置する展望台、「Sky Deck LEDGE」です。

2009年に床を含めて全面ガラス張りの展望台「ザ・レッジ」として設置されました。ザ・レッジはビルから張り出すように作られており、足元にはシカゴの街並みが広がります。

特に夜景が人気で、週末には長蛇の列ができ、1時間待ちということも珍しくありません。

ザ・レッジのバルコニーの前に立つと、やはり一歩踏み出すのに躊躇してしまいます。怖くてバルコニーに立つのを断念する人もいるほどです。

ザ・エッジからの写真撮影はこの観光スポットで必至です。みんな思い思いに足元の写真をカメラに収めています。

2016115185128.jpg201611518522.jpg2016115185218.jpg

③   ユニオンステーション

「アンタッチャブル」で一番有名なラストの銃撃戦シーンに使われたのがユニオンステーションの西側建物の階段です。

西の建物の役割は長距離列車を利用する客のための待合室で、どっしりとした木のベンチも置かれていて、吹き抜けの高い天井やクラシカルな石の柱が印象的ですが、今は利用する人も少なく、ホールは閑散としています。

「アンタッチャブル」で有名になった階段をよく見ると、一世紀近い間に通りすぎた乗客の靴で、石のステップが磨り減っているのがわかります。

2016115185328.jpg

④   ユニオンステーション近くの元郵便局ビル

映画バットマン「ダークナイト」でバットマンが守っている街ゴッサム・シティはシカゴそのものです。

冒頭の無銀行強盗シーンで使われたのがユニオンステーション近くの元郵便局ビルです。

今は使われていないこのビルは200m×100mもの敷地に立ち、ビルのど真ん中を大きな道路が横切っています。

アメリカならではの規模の大きな建物で一見の価値があります。

近くにあるヴァンビューレンスstとフランクリンstの交差点はジョーカーが強盗に行くときに車を待っていた場所です。

2016115185451.jpg

⑤   アル・カポネ 聖バレンタインデー虐殺の跡地 (2122 North Clark St.)

アル・カポネが宿敵ジョージ・"バッグズ"・モラン一家を虐殺したと言われるSMC運送会社(SMC Cartage Company)があった場所です。

1929年2月14日木曜日、バレンタインの朝に起きたギャングの抗争事件なのですが、首謀者はアル・カポネ、ターゲットはジョージ・"バッグズ"・モランです。

カポネの宿敵である"バッグズ"モランとモラン一家は、デトロイトの密造酒業者が強奪したウィスキーの取引を、この場所ですることになっていました。

そこへ偽警官に扮したカポネのヒットマンたちが送り込まれました。殺されたのはモラン一家6名と、親しくしていたメガネ屋さん。

7人は倉庫の白壁の前に立たされ、サブマシンガンやショットガンなど90発の弾丸を受けて亡くなりました。

カポネのヒットマンたちが警官に扮装していたことで、全米のマスコミの注目を浴びることになり、それまで意外と大衆の人気者だったカポネは一挙人気を失う原因となりました。

 

是非シカゴに行かれたときは訪れてみてください。

 

次回をお楽しみに~

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.worldtrader.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/32