ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ>アメリカ諸事情 ① 「amazon-go」について
スタッフブログ

アメリカ諸事情 ① 「amazon-go」について

今までは、「アメリカ仕入れ通信」 と 「商品 豆知識」 という形でお送りしていますが、

どちらにも入れにくいことも多くありますので、新しく、「アメリカ諸事情」 というタイトルのものもお送りしたいと思います。

今回は、「アメリカ諸事情」 の第1回目として 「amazon-go」 についてをお送りします。

 

皆さん、「amazon go」 ってご存じですか?

先日、yahooのニュースで、「amazonが参戦、コンビニ業界戦々恐々」という記事を見つけました。

調べてみると、「amazon go」という店舗が2017年初頭、

まずamzonの本社のある米国本土ワシントン州、シアトルにオープンするというものでした。

201612922344.jpg201612922417.jpg201612922440.jpg20161292250.jpg

何が従来のコンビニと違うのかというと、amazon goの店舗にはレジがなく、並ぶ必要も内のです。

Amazonアカウントを取得し、スマホに専用アプリをインストールするだけで良いのです。

amazon goの店舗に入るとき、入り口のケートにスマホをかざし、アカウントを読み取らせます。

後は店内で欲しいものを手に取り、店舗を出るだけです。レジは存在しないのです。

今までの小売りの概念を根底からくつがえすシステムで、

「No lines, checkout, register and seriously」 

がキャッチコピーだそうです。

ではどうやって精算しているのかと言えば、

商品に特別なタグがあるわけでなく、店内にあるセンサーとカメラで追跡しているそうです。

当初はコンビニでシステムの精度をあげ、そのうちオンラインだけでなく、

無人の実店舗でもamazonの商品が購入出来るようにするのが目標だそうです。

幸いにもシアトルは毎回の仕入れで必ず行くところなので、来年でき次第行ってみようと思います。
 

ここでシステムの様子が見れますよ

https://www.youtube.com/watch?v=NrmMk1Myrxc&mc_cid=341cef15a3&mc_eid=11196bd4fc

 

次回も、お楽しみに~

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.worldtrader.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/43